屋根に上がるときに梯子を使いますが、梯子が樋に当たり壊れてしまうのではないか。。。という不安を抱きながら、随分と時間が経ちました。

そこで、前々から考えていた補助梯子を使い屋根に上がるという物を作ってみることにいたしました。

用意したのは、6メートルの二連梯子と1mの脚立です。

脚立の中心部のリベットをベビーサンダーで切断します。

梯子の取り付け位置を決めて、高さ調整ができるように何か所か穴を開けます。この穴に脚立の軸となる部分を結合します。他の穴は筋交い用。これを取り付けたら完成です。この作業を10m用の二連梯子にも行ってみました。

この梯子作成は自己責任なので、ねじは自在を使い絶対に外れないように気を付けます。

IMG_0191_HEVC 雨が滝のように流れている動画です。

樋が詰まっていて、瀧のようになっていて、壁がびしょぬれになっています。早速、梯子の出番です。

登ってみると、砂と泥です。そのせいで樋が詰まっていて、雨があふれて滝のようになっています。

梯子のおかげで、楽に作業が進みました。作っておいてよかった~。。。