IMG_9549_HEVC    回転の上がらない状態。

エンジンは始動するんだけど、吹き上がらない。そして止まる。という依頼をうけて直すことにしました。

刈り払い機を観察すると、まず、燃料を送るためのプライマリーポンプが劣化しています。中が全く見えません。

市販されているゴム製のプライマリーポンプを買ってきました。この透明なゴムのサイズは3種類あります。今回は、大きいサイズです。

続いて、エアークリーナーの汚れがないかの確認です。スポンジは綺麗です。

ポンプを分解してみてわかりました。ポンプの中に燃料を吸い込む弁が切れていました。始動するのに辛うじて使えていたのでしょう。でも、もうだめですね。

エンジンが吹き上がらない。という原因はキャブレターか、プラグか、排気口の詰まりです。

マフラーを外しみると、やはり詰まっていました。

ゴミはカーボンといいます。いわゆるススですね。油と絡み合って、排気口を塞いでいます。

マイナスドライバーで丁寧にススを取り、パーツクリーナーで汚れを取れば完了です。さーーて、組み立ててみましょう。

修理後の動画です。下記を参照してください。

IMG_9392_HEVC  治ったけど、エンジン音が少しおかしい。

とりあえず動くのですが、アイドリングが変です。安定しませんね。やっぱりキャブれたーかな。ってことで、新品のキャプを用意しました。

新品のキャブに取り換えてみます。この時に、少しでも古いキャブの部品を使おうなんて考えてはいけません。余計混乱して、何が悪いのかわからなくなりますので。

新品のキャブレターを付けました。そしたらエンジン快調です。燃料の調整を少ししました。アイドリング調整もしました。

IMG_9554_HEVC  完全に治った刈り払い機です。

これで、この刈り払い機もまた、頑張れるはずだ。よかったね~。。