日光に本当の冬がやってまいりました。

最近、余りにも温かく、もう春が来るのではないかと思っていたら、突然零下になる朝。夜中のうちに冷え込んで、出かける車の車内でもー7度くらいとなりました。車外だったらもっと寒い事でしょう。

そんな寒い日は、水道が凍り、水が出なくなることは多々あるのですが、給湯器が凍るととても厄介なことになります。

給湯器には、水が入るパイプとお湯を出すパイプがメインとなります。その部分は保温がしにくいということで、この場所が凍結しやすいのです。

何度かお湯をかけましたが、通水しませんでした。なので、管が見えているところをタオルで巻き、紐で縛り、アルミテープで巻きました。暫くほっておくことにします。

次にやることは、水槽に水を入れます。循環式だからできることなのです。循環口より上まで水を溜め、追い焚きボタンを押しました。そしたら、給湯器のポンプが回りだして、着火。給湯器はこれでOKですが、肝心の台所や洗面・シャワーが使えません。給湯器が着火した熱で解凍してくれればなぁ・・・・