本日の猟で、雄鹿2頭を獲りました。その後、当然解体作業となるのですが、寒い中での作業なので、手がかじかみ、鼻水は出て、体も冷えてきました。

おおまかに切った肉を自宅で仕分けすることにしました。

真空にすることで、血抜きもでき、長期保存もできます。

部位ごとに分けて切り、同じ重さになるように真空パックしていきます。パックに日付と部位と種類(鹿・雄)をマジックで書きます。

本日の保存量は約30キロ。これで1頭分ですよ。ということは、体重100キロ以上の鹿だったということですね。