今までは塩原や湯西川のように北に行くことが多かったのですが、久しぶりに南の桐生方面に行ってみました。足尾を通り過ぎて群馬県に入ります。草木ダムを通り過ぎたら「水沼駅」そこで水沼駅温泉センターを発見。ということで行ってみることにしました。

駅は無人駅なのですが、駅前に車を停めて、歩道橋を渡ると温泉施設があります。

大人600円。下駄箱100円。ちょっとお高いんじゃないの~。。。館内に入ると奥の食堂で昼間から大宴会でした。後でわかりましたが、下駄箱のお金は戻ってきます。

食堂も結構メニューあります。町の中は誰も歩いてないけど、ここに来ればほとんどの町民がいるんじゃない~。。

脱衣室のロッカーも100円です。これは使用後は戻りません。。。では、入湯~。。。温泉の泉質は透明で、無味無臭。サラッとしていて、とても地味な感じです。いたるところに河童がいます。

露天風呂に隣接して、サウナもあります。露天には、なにやら浮いているようなものがありますが・・・

群馬県桐生市は絹の町なんですね。その成分を少しいただくことにします。とても地味な温泉でしたが、体はとても温かく、しばらく汗が引かなかったです。良い温泉でした。

帰る途中、道の駅「やまびこ」でちょっと休憩。日光からの距離60キロくらいな感じでした。本当はもっとあるのかもしれませんが。そこで、自分用におみやげを買いました。

花パン。食べてみると結構おいしいんです。病みつきになりそーーーー。。

水沼温泉

場所 群馬県桐生市黒保根町水沼120-1

電話 0277-96-2500

ホームページ 水沼温泉駅センター