塗装をする前にコンクリートの壊れたところを直してほしい。。。という依頼を受けて、早速いってみると。。。デッキプレートの床板材が腐っていて、その爆裂でコンクリートが剥がれてしまっているようです。

鉄部にシーラー・コンクリート部にもシーラーを塗り、欠けているところを専用のモルタルで少しだけ塗ります。成形できるところは、刃定規を使ってモルタルを詰め込みます。この時に水切りができるよう箱定規にしておきます。

次の日、下から受けていた刃定規を外し、正面の壁を仕上げました。と、同時に下端も新たに板を受けて、下端もモルタルで塗ります。

更に、次の日の作業は下で受けていた板を外して、下端の成形をモルタルで塗ります。デッキプレートもモルタルで形を直しておきました。

やっぱり、こういう仕事って左官屋でなくちゃできないよね。。一日の作業時間は短いんですが、工程やモルタルの固まり具合が必要なので、3日はかかってしまうんです。そこんところわかって欲しいなぁ。。。