雪山を歩くとき、色々な装備品が必要となります。アイゼン・スノーシュー・和かん等です。それらを履く前に、肝心なのは靴。都会育ちの私は長くつから始まり、高級登山靴に至るまで、数にして10個の靴はあると思います。そして、この冬最新の雪山登山靴で山を下っていた時、足首をひねってしまい。足首捻挫。

山登りの名人曰く、「普段から登山靴に慣れていない人が1日だけ登山靴履くとそうなるんですよ」って。。。。

足が治ってから、靴底の厚い・硬い物を履くようにしました。そしたらなんと、足がとても楽です。疲れません。

そーなんです。スニーカーは軽くて楽なんですが、体重移動をスニーカーのゴムが吸収し、使用者の足に負担をかけないようにしていたんです。

それが私には逆効果だとわかりました。

ということで、東京は巣鴨駅から歩いて5分のところにあるgoroさんに来ました。ここは、先代のオーナーが登山靴を履く方のための普段靴を作っている工房です。登山靴もあります。

だいたいのサイズはあります。すべて手作り品です。平均30000円くらいでしょうか。

紳士靴もあります。女性用の靴も当然あります。

まず、的確な足のサイズを測ります。すると、私、右足のほうが大きいんですね。1センチ違ってました。なので、市販の靴が合わないわけです。右足に合わせると26.75センチ・左足だと26.3。足回りも違っているようでした。ということで、記録は残しますが、靴の種類によって採寸するんだそうです。

今回選んだのはチロリアンタイプのカジュアルな靴です。足首を包み、ソールも厚く、少し重たいですが、安心して履ける靴でした。製作期間は2か月。

初オーダー。。。わくわくします。。。。気になるお値段は平均価格より3割お高いくらいです。

以前買っていた革靴はプラダとかでも50000円はしたので、安いくらいかもしれません。オシャレは靴からっていうでしょ。。。笑。。。

それにしても、とてもいい登山靴がありました。いつかはこれも欲しいなぁ~。。。ワックス塗っていくと渋みがでて、茶色になるんです。。。いいなぁ~

オーダーしてから2か月。届きました~。。。。

ソールの硬い、厚底タイプです。少し重いけど、これでいいです。履きなれるまでが大変ですが、とても良い仕上がりです。明日からこれで歩くことにします。。

goro

場所 東京都文京区本駒込6-4-2

電話 03-3945-0855

定休 火曜日

営業 11時~20時 祝祭日営業 11時~18時

HP     goro