鬼怒川温泉駅から歩いて15分ほどのところに、楯岩大吊橋があります。その橋は結構高くて、揺れるので怖いのですが、そこから見る鬼怒川は最高に綺麗に見える場所なんです。

今回は、その橋を渡って、縁結びの鐘のあるところまで行ってみたいと思います。

橋を渡り切ると丁寧に案内看板があります。まず迷子になったりしないところなので、気楽に行ってみましょう。

階段を上り、後ろを振り返ると、なんといい景色でしょう。ここからでも鬼怒川の町を一望できます。

さて、看板どおりに右側の「楯岩展望台」へ行くことにいたします。少し坂なのですが、舗装もされているのでとても楽に行けます。

登って行くこと5分でトンネルを通過。なかなか面白い感じになってきました。

トンネルは50メートルくらいなのですが、いい感じでした。トンネルを抜けると広場になっています。

鬼怒太の像もあります。この鬼怒太はこの楯岩(子宝岩)から生まれました。そうなると鬼怒川には7体の鬼怒太と1体の鬼怒子がいるということですね。ここの鬼怒太は誕生鬼としてここに飾られています。縁結びと子宝を授かる事を願っていると言われています。

鬼怒太を探索した時のブログがこれです。→「七福邪鬼めぐり」。

隣には、楯岩鬼怒姫神社もあります。ここも縁結び、子宝、金運を授かる神社として奉られています。

山頂まであと一息です。階段は30段ほどしかありません。登り詰めると「縁結びの鐘」があります。鐘を打つ振り子のようなものが無くなっているので、紐に五円玉が付いています。ご縁があるようにという意味もあるかもしれませんね。

このコンクリートの壁は、東北震災のときに岩が剥離した跡です。剥離した側は、今私が立っている岩なんです。剥離面もよくわかりますので注意深く見て行ってください。

楯岩から下ってきて、今度は古釜の滝へ行ってみることにします。下りは楽なんですが、帰ってくるとき大変そうだなぁ。。。

コンクリート製のトンネルを抜けると、滝がありました。あっという間に見終わりました。

この奥には鬼怒川有料道路のPKがあります。トイレや自販機もありますので、ここで一休みしてもいいかもしれませんね。

場所 日光市鬼怒川温泉大原1436

営業 24時間 無料パーキング

観光協会のホームページ