数日前の強風で、屋根の棟木(トタン製)が外れている。。。と近所の方に言われ、慌てた依頼主は、いろいろな業者に電話したそうです。

その日の作業依頼だったため、全てダメだったようで、最終的に私のところに電話がありました。

私もこの日は作業中でしたが、今夜雨になるという予報もあり、直ぐに行ってあげることにしました。

到着して、屋根を見ると棟木が剥がれています。登って、曲がった棟木を丁寧に叩き直して、脇の釘穴に新たな釘を打ち込みます。そして、一度飛んだ板金なので、ドリルねじで固定しました。

取り合いのところと、ねじ廻りにコーキングして完了です。作業時間30分でしたが、紅葉の時期は道路が混むんですよね。行き帰りで1時間以上。でも、それ以上にお客様は奮発してくれましたので、とても気持ちのいい作業となりました。